テニスの練習はお休み

こんばんは、女子高生ブロガーの優子です。

今日はテニスの練習がお休みだったので、家でゆっくりしています。

とはいえ、頭のなかはソフトテニスのことでいっぱいです。部活の練習がない日でも、家でできることをします。

インターネットで効果的な練習法や練習メニューを探したりします。

私は体が小さいので、力が弱いのです。

なので、筋トレをして筋力の強化しないといけません。

筋トレの他は、近所の公園で軽くランニングをしています。

筋トレのしずぎで、見た目がゴツくなるのは避けたいので、ソフトテニスに必要な筋力を無駄なくつけたいというのが本音です。

そういうテニスのための筋トレ法を解説しているサイトやブログ、ユーチューブの動画がインターネット上にはたくさんあります。

同じくテニスをやっている人がコンテンツをアップしてくれているのです。

スマホがあれば、タダで見れるので、ありがたいことです。

テニスでは、ラケットを振るための握力や腕の筋肉が重要ですが、走ったり止まったりするので、足腰も鍛える必要がありますし、体幹も鍛える必要があります。

下半身の筋力強化のため、家でスクワットをしています。

ソフトテニスで勝つためには、全身の筋肉を鍛える必要があるのですね。

筋力トレーニングは、ダイエットも兼ねているので、一石二鳥です。お菓子で有名なグリコのサイトにテニス上達に必要な筋トレメニューが紹介されているので、とても参考になります。

具体的には、ニートゥーエルボーやバックブリッジ、ダイアゴナル、バックエクステンションの方法が動画で見ることができます。

グリコとテニスは関係あるのかと疑問に思うかもしれませんが、グリコからもプロテインが販売されているのです。

そのため、スポーツ関連のコンテンツが掲載されているのです。

いまは、インターネッ上で見れるソフトテニスの練習メニューを参考にしていますが、有料の教材にも興味があります。

ソフトテニスを対象にしたDVDの教材があるのです。

ソフトテニスはマイナースポーツなの?

こんにちは、女子高生ブロガーの優子です。

今日も部活が終わって帰宅してからのブログ更新になります。

練習が終わったあとのスタバが至福の一時なのです。

学校から近くのスタバなので、高校生のたまり場になっています。

それはさておき、ソフトテニスのネタでも話しましょうか。

テニスと言えば、硬式テニスばかりに注目が集まってしまうので、ソフトテニスはマイナーな存在でしかありません。

硬式テニスではウインブルドンのような世界中か注目するような大会がありますが、ソフトテニスにはありません。

また、ソフトテニスはオリンピック種目ではないので、プレイヤーとしては目標を持ちにくいというのもあるかもしれません。

もちろん、将来的にはオリンピック種目として採用される可能性はあると思います。

そのへんは、競技人口にもよるみたいですね。

硬式テニスでは、錦織圭やフェデラー、ジョコビッチ、ナダルなどの誰でも知っているような有名選手がいますが、ソフトテニスには認知度が高い選手がいないと言ってもよいと思います。

その点がソフトテニスがマイナーな理由になっているのではないかと思うのです。

スター選手の存在は私のような若手選手の人気にかかわってきますよね。

私も憧れのソフトテニスプレイヤーはいるかと聞かれれば、いないんですよね。

部活の先輩なら憧れの人がいるのですが。

やはり、そういう狭い世界のレベルで留まってしまうのが、ソフトテニスの欠点なのかもしれません。

今日は、ソフトテニスの人気について語ってみました。